ホーム > ロンジンコピー時計して今回の飛行全行程時間単位
ロンジンコピー時計して今回の飛行全行程時間単位
飛行する探検家のチャールズ・続けて抜いて飛行機を運転して、独りで中断しないで大西洋の壮挙を飛び越えるを完成して、ロンジンは全行程時間単位計算を表します。今ところ、賞賛するこ飛行壮挙の90周年紀念ため、ロンジンは表してと続けて共に制定する時間角度の腕時計を抜いてことがありを原型にして、全く新しく続けて抜いて時間角度が90周年制限するを腕時計出して、全世界は90制限するそして1つ1つ通し番号。ロンジンはこの光沢加工チタン合金腕時計で表して、祝いの贈り物をするは歴史、探険して表を作成しに対して無限で熱意がこもります。
 
1927年5月20日午前7時52分、“セントルイスの神”号飛行機、米国ニューヨークルーズベルトの空港から離陸して、そ目的地はフランスのパリ布に位置してなんじが空港を温めるです。飛行機のを運転するは1名の若い米国パイロットのチャールズ・中隊が抜くです。33時間のまた30分長距離飛行をしばしば経験して、チャールズ・続けてパリ布なんじで空港を温めてみごとに着陸するを抜いて、人類歴史を完成した上に初めては中断しないで独りで大西洋壮挙を飛び越えます。国際航空連合会政府時間単位の計算として、ロンジンコピー時計して今回の飛行全行程時間単位の計算になって、そしてそれを飛行記録に加入して、こ歴史に記載した光り輝く業績を目撃証言しました。
 
こ飛行壮挙を完成した後で間もなくて、チャールズ・続けて手を携えるロンジンを抜いて、1枚スイスの表を作成する歴史を制定した上のシンボル的なのはモデルを表します:続けて時間の角度腕時計を抜きます。こ腕時計はチャールズ・から続けて設計を抜いて、そしてロンジンコピー時計して制定して生産するを渡して、それは精確に経度を計算することができて、そしてだから飛行の方位を測定します。そ付き添いがあって、パイロットと誘導員便は高速はまた精密に必ず自分の方位を確定することができます。